FP試験の難易度のホントのところ

~階級別・試験形式別に徹底検証!!~

FP試験の難易度の目安

階級別の難易度を把握しよう!

FP3級・2級・1級それぞれの学科試験と実技試験の難易度の詳細については次ページ以降で詳しく見ていくとして、ここでは、階級別の難易度のおおよその目安をご紹介しておきたいと思います。

前のページでも述べたとおり、FP試験は受験資格の関係上、3級から2級、2級から1級といった具合に下の階級から順番に受験していくことになるわけですが、最終的にどの階級を目指すのかによって、たとえば勉強の仕方なども変わってきます。
また、そもそもそれ以前に、「FPの資格を取得したいのだけれど、複数の階級があるため、どの級を目指せば良いのかわからない」といった受験生も少なくないのではないでしょうか。

まずFP3級は、「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」という受験資格からもわかるように、位置づけとしては入門レベルになります。
FP試験は、私たちにとって身近な「お金」について学ぶ試験ですから、資格を取得したからと言って必ずしも就職・転職や独立・開業を目指す必要はありません。自己啓発のために、あるいは単純に自身の生活に役立てるためにFPの勉強をしたいという人は、3級を取得すれば十分と言えます。

つづくFP2級は、標準レベルという位置づけになります。このレベルまで来てようやく、FPとしては一人前と言えます。
たとえばFP3級程度ですと、「自分はファイナンシャル・プランナーだ」と名乗るのは少しおこがましい気がしますが、FP2級を持っていれば、堂々と名乗っても何の問題もありません。また就職や転職の際に、履歴書の資格欄に記載して効果を発揮するのも、このFP2級以上となります。

そして最後のFP1級は上級レベル。一般の人は、ここまで取得する必要はなく、そのためFP講座などでもFP1級向けの講座は開講していないところが多くあるくらいです。
しかし、もしファイナンシャル・プランナーとして独立・開業してバリバリ働くことを視野に入れているのなら、自らの知識・スキルを高める意味でも、またお客さんからの信頼を獲得する意味でも、FP1級まで取得したいものです。

次のページへ進む